移動支援での話。

2021年3月15日

皆さんこんにちは。岡山事業所の山口です。

3月も半ばになり暖かくなって来ていますが

花粉症の僕からしたら辛い時期となり、鼻炎薬が手放せなくなっています。笑

 

 

今回は訪問介護ならではの支援である

移動支援についてお話ししようと思います。

 

 

移動支援とは

単独では外出困難な障害者(児)が、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動や社会参加のため

外出時にヘルパーを派遣し、必要な移動の介助及び外出に伴って必要となる介護を提供するサービス。

 

という事みたいです。

 

 

僕が支援に入らせてもらっている利用者様ですが

週に3日支援に入り、内2日は生活援助で掃除と料理を一緒にしています。

 

この日は岡山市でも雪がぱらついてる日の支援で2人とも厚着して行きました。

ズボンが買いたいとの事でイオンモールや岡山駅にあるGUへ行きました。

 

僕は普段、岡山市内へはなかなか行かないので

駅地下や岡山駅付近を案内してもらいながらの支援になりました。

 

途中におすすめのパン屋があるとのことで、寄って休憩をしました。

 

この利用者様とは歳も近い為、趣味の話等の会話をしていたら

いつもあっという間に支援が終わってしまいます。

 

 

この日は運動公園へバスケをしに行きました。

就労に向けて体力作りと健康の為に毎日バスケをしていると話されていました。

 

僕の浅はかな知識ですが、バスケの技やシュートの仕方をアドバイスさせてもらい、

いつも1on1をしています。

 

 

施設だと外出するとなると一大イベントであり

なかなか機会がとれないですが

訪問介護では日々の支援で行えれるので

支援中のコミュニケーション等で学ぶ事は多いです。

 

 

今回は移動支援について少し話させてもらいました。

 

まだまだ気温差が激しい時期ですので、体調に気をつけてお過ごし下さい。

 

訪問介護いちよう 山口

086-250-1883(岡山)

086-454-5865(倉敷)

営業時間:月~金の8:30から17:30
祝日、お盆、年末年始を除く

ブログ
サービス
事業所
代表挨拶
スタッフの一日
採用
職場体験
お問い合わせ